Hackerspace

ベルリンのハッカースペースc-baseはスペースステーションだった

2020/01/29

ドイツの首都ベルリンにスペースステーションを模したc-baseというハッカースペースがあります。この度c-baseに潜入調査してきましたのでそのレポートをお送りします。

 

c-baseとは

詳細はWikipediaに記載がありますが、コンピュータサイエンス、ハードウェア、ネットワークについて知識やスキルを深めようと、1995年秋に17人の有志が設立したNPOです。c-baseはハッカースペースとして運営されており、ベルリン近郊でハッカー系イベント開催場所となっています。ヨーロッパ最大のハッカー集団Chaos Computer Clubのイベントなども行われ、私が訪れた日はちょうどCryptopartyのイベントが開催されていました。

世界で最初のハッカースペースのひとつがこのc-baseとされています。オーストリアのウィーンにあるハッカースペースMetalabと共に、アメリカにおけるハッカースペースの形成に大きな影響を与えたそうです。

c-baseのコンセプトはタイムトラベル中に故障してしまった宇宙ステーションで、機能停止時にはこれまで確認されていなかった地球外生命体もいたとか。ちなみに訪問時に地球外生命体はいませんでした。地下にはいたのかもしれません。

 

内部の様子

それでは中に入ってみましょう。まずは入り口のドアですが、このようになっています。ドアの右の壁にマウスがくっついていますが、その上にATMでよくある操作パネルがついています。こんなのどこから入手したんでしょうか。とてもハッカースペースらしいですよね。

入り口ドアを入ると直線の通路になっています。スペースステーションの入り口っぽいですね。

通路の突き当りにはイベントのチラシなどが貼ってありました。ガード付き照明が雰囲気を出しています。

操作パネルもありました。故障したスペースステーションなので今は機能しないのでしょうか。

下の階に降りる階段もありましたが、どうやらここからは会員専用のスペースのようです。

こちらがメインエリアです。当日はイベント開催中だったので多くの人が来ていました。照明は天井にLEDがあり、時々赤紫系になったり青系になったり、白系になってりしていました。

ハッカースペースでよく見かけるのがこちら。なんというか分かりませんが、電子式の暖炉のようなものです。空き瓶からできていてかなり大きなものでした。

モニタの裏に"FIGHT FOR YOUR DIGITAL RIGHTS!"とあります。c-baseのコンセプトをよく表していますね。

ドラム缶も転がっています。おそらく放射性物質が入っているものと思われます。

メインエイアのとなりにはバーカウンターがありました。

視力検査用の表示機があり、ここが緑になっているときはバーテンダーがいて飲み物を買えます。赤のときは人がいないので買えない、そういう仕組になっていました。発想がすごいですよね。

自販機もありました。ハッカースペースの自販機はビンのことが多いですね。コーラを買ってみました。

奥に進むとこんなエリアも。

ガスマスクで助かった人とガスマスクがなくてダメになってしまった人でしょうか。

 

イベントの様子

私がc-baseを訪問した時、ちょうどCryptopartyが行われていました。Cryptopartyはグローバルに行われている一般大衆向けの暗号化に関する教育イベントです。

最初に主催者から英語で挨拶があり、ドイツ語が分からない参加者がいたのでそのまま英語で続き、暗号化について話せる人数名(リーダー)から簡単な自己紹介と話す内容について説明がありました。

続いて参加者が好きなリーダーの周りに集まり、セッションの開始です。リーダーが説明し、参加者が質問する、の繰り返しでイベントが進んでいきました。

私が参加したグループではインターネットセキュリティーについてで、最終的なアクションとしてはTor Browserを使う、などでした。GAFAに対抗する意識をひしひしと感じるイベントでした。

 

c-baseへの行き方

おそらく行かれる方は夜が多いと思いますが、夜はとてもわかりにくいです。ですので行き方を説明しておきますね。

最寄り駅はJannowitzbrücke駅もしくはU Heinrich-Heine-Straße駅です。駅からRungestraße通りを目指します。Jannowitzbrücke駅からは川沿いを通って行く方法もありますが、夜は足元が危ないので大通りから行くのをおすすめします。

Rungestraße通りはこのような両側に車が停まっている石畳の通りです。

途中、ストリートアドレスが20となっている薄暗い入り口があります。

c-baseの看板もついていますので、ここから左に入っていきます。

通路をくぐって中庭に進みます。

中庭の先にまた通路がありますので、まっすぐ進みます。

また中庭に出ます。今度は左奥のフード付きの入り口に進みます。

右にc-baseの入り口のドアがあります。

c-base

住所: Rungestraße 20, 10179 Berlin, Germany

マップ: https://goo.gl/maps/7uEQFJiJC84i9sNUA

URL: https://www.c-base.org/

-Hackerspace

Copyright© Steve Kasuya, 2021 All Rights Reserved.